翻訳は、英語から日本語に翻訳する場合と、日本語から英語に翻訳する場合があります。英会話と違って、会話の中で訂正が出来ないので、間違った表現をしてしまうと全てミスになります。英語から日本語、日本語から英語のどちらであっても日本語能力の高さが求められます。日本語の文章を正確に理解できる能力がなければ、翻訳はできないです。最近、翻訳を始めてから、とくに日本語の表現方法をどれにするのか困惑することが多いです。日本語から英語に翻訳する時でさえ、その日本語が意図することが何なのかを明確に理解していないと、間違った英語表現に訳してしまいます。思っていた以上に、日本語の復習作業に追われています。同じ文章であっても、読者層や読者の年代を考慮しつつ日本語の表現方法も変えますし、逆に英語での表現方法も変えます。凄く臨機応変に対応しないといけないお仕事だと実感しています。私にとっては、英会話での通訳以上に難しいです。特に流行語などが毎年出てきたり、造語も毎年生まれてきますから、英会話以上に翻訳ではそれを意訳しないといけない時が多々あります。